お米の家倉、五代目がゆく
by okomenoyagura
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:未分類( 155 )

笑顔をつなぐ米作りって。
3月11日の東日本大震災、低温の春先、高温の真夏、秋口の度重なる台風と豪雨被害...今年はこれまでにない地球と自然の悲鳴が聞こえた一年となりました。
そんな、お米づくりの一年でした。

地球が自然が異常な悲鳴を挙げる中、ほんまにお米が育ってくれるのか、これほど心配した年は初めてでした。
それでも今秋、田んぼは黄金に光り輝き、無事"命の恵”を授かることができました。本当に、本当にただただ感謝の一言です。
b0127739_22533643.jpg


そして、“お米の家倉”のお米づくりのテーマ「笑顔をつなぐ米作り」
この想いの具体的な意味が少しずつ見えてもきました。家倉のお米をご愛飯くださる方に、食べて笑顔になるお米をお届けしたい。そんなお米って、どんなお米だろうか。
それは、稲が育つ過程で過度なストレスがなく笑顔であること。
それは、田んぼに棲む生き物たちが笑顔で暮らしやすい土・水であること。
それは、稲が育つ手助けをする親代わりの農家自身が笑顔でお米づくりをできること。
そんな中で育まれた田んぼの稲が収穫時に見せる表情は、とってもおいしそうなんです。
おいしそうな黄金色。思わず僕も満面の笑顔になる。
だから、ぼくは笑顔いっぱいでみなさんの食卓に笑顔のお米をお届けできる。
まだぼんやりとしているかもしれないけれど、ぼくの中ではつながってきました。

最後に、今年ほど農産物が自然の授かり物であると強く感じたことはありません。おかげさまで無事収穫することができたお米、大切にそして丁寧に、ご愛飯くださるみなさまにお届けしたいと思います。
新米、どうぞご笑味くださいませ。

by okomenoyagura | 2011-10-31 23:13
稲刈りイベント2011ありがとうございました!
konefaサムライプロジェクト
稲刈りイベント2011にお越し頂きました皆様、
本日は誠にありがとうございました。

野外イベントで一番の心配事は、まずお天気です。
雨が降らないことが、イベント成功の半分以上を占めると言っても過言ではないと思っています。
お天気予報では“にわか雨”が降るかもだったのですが、みんなの笑顔で雨雲を寄せ付けなかったんだろうなとサムライメンバー一同喜んでおります。

準備運動の成果もあって、怪我される方がいらっしゃらなかったことも本当に喜んでおります。ありがとうございました。

また、コネファマルシェの品々や今日お持ち帰りいただきましたサムライメンバーの新米、どうぞお楽しみ下さい。

今日はご遠方より、また早朝より滋賀湖北までお越し頂きまして誠にありがとうございました。手元に写真がないため、文章のみのお礼にて失礼します。
またたくさんの写真での稲刈りイベントのご報告お楽しみになさって下さいね!
ありがとうございました!!

by okomenoyagura | 2011-09-25 21:47
いのちの水
恵みの雨が降ってくれません。

最近の最重要の仕事は、田んぼに水を入れる「水見mizumi」です。
いま“稲”は、穂を付け、実らせる一番水を必要としている時季です。

天からの水をいただけないので、用水路からの水だけが頼みです。



少しばかり、水の歴史を。

かつて、滋賀湖北は水争いで死者を出すほどの水不足地帯でした。
通常、田んぼを潤すためには、水田面積に対して10倍〜20倍の流域面積が必要とされているのですが、湖北平野には5倍の流域面積しかありませんでした。
そんな400年以上に渡る水争いを解決に導いたのが、世紀の大事業と言われる“国営湖北土地改良事業”でした。
いかなる渇水でも汲めど尽きぬ巨大な水源“琵琶湖”の水を引き入れるというとんでもない発想でした。
琵琶湖から余呉湖に水を吸い上げ、余呉川、高時川、草野川に導き、それぞれの田畑を潤す。
日本一の水瓶“琵琶湖”あればこその解決策でした。
22年もの歳月を費やし、昭和62年3月に完了したのです。

そんな歴史の上に、この地でのわたしのお米づくりは成り立っています。


しかし、今夏の水不足はとんでもないです!
田んぼだけならどうにか足りるのですが、大豆までもが水を必要としているので、水の取り合いが繰り広げられています。
耕地面積100の内、70が水田、30が畑で、
通常は水田70を潤すために必要な水量を供給されているのですが、畑にも水が必要となると想像に容易い、水不足となるわけです。。
大豆が水不足で畑に水を入れなあかんというのは何年ぶりでしょう?
地球の悲鳴に聞こえてなりません。


人間の命にとってかけがえのない作物、その作物にはこれだけの水が必要です。
そして、もちろん作物だけでなく人が生きる上で水は欠かせません。

“水見mizumi”をしながら、そんな“いのちの水”のことを考えていました。

by okomenoyagura | 2011-08-13 20:57
ありがとうございました!
6月5日(日)農と人をつなぐ田植えイベント2011
b0127739_2395155.jpg

おかげさまでたくさんのみなさまよりお申し込みをいただきました。
konefaブログでも既にお伝えさせていただいております通り、
定員に達しましたため、募集を締め切らせていただきました。
たくさんのお申し込み、誠にありがとうございました。

ご参加くださるみなさま、どうぞご期待下さい!
そして、晴天に恵まれますこと、お天道様にお祈りくださいね!!

by okomenoyagura | 2011-05-15 23:13
心よりお見舞い申し上げます。
このたびの東日本大震災で被災されたみなさまに、
心よりお見舞い申し上げます。
また、犠牲になられた方々とご遺族のみなさまには、
謹んでお悔やみ申し上げます。


3月11日大震災の被害状況を報道で知るたびに、
被災された方々の痛みや恐怖、不安を想像するだけで胸が張り裂ける思いでした。

特に今回の震災は、地震だけでなく、津波、原発と、
日を追うごとに明らかになる被害の甚大さ、放射能の恐怖に、一人でも多くの命が救われること、これ以上被害が拡大しないことをただただ祈るばかりでした。
とてつもなく大きくて複雑過ぎて、自身の無力さを痛感し、何も出来ない自分が歯がゆくて。
そして、いろいろな情報が錯綜する中、今一番求められていることは何か。その優先順位は。。
食料等物資の送付、節電、義援金。
それ以外に、農家として自分にできることは何か、自分の役割は。。
悶々と自問自答する日々、時間ばかりが過ぎてしまいました。

今は自衛隊の方々や警察・消防等、救援のプロの方に託すしかないけれど、
いつかぼくたちにもできることが必ずやってくる。
その時精一杯のことができるように、いまをしっかり生きて、働いて。
ぼくたち農家は、農産物を通して日本の食を支える使命と責任がある。
被災された方の分まで、種を蒔き、収穫しなければなりません。
そして、おいしい農産物を通して日本中に笑顔と元気と勇気をお届けできれば幸いです。



同時に、どんなに文明が発達しても、
自然の上に生かされていること、人も自然界の一部であることを改めて実感しました。
振り返ってみると、今まで便利さや豊かさを追求する余り、
あたかも人間が自然をコントロールしているかのような錯覚に陥り、好き放題やってきたことへの自然からの叫び、悲鳴なのかもしれないと。。

いま、真剣に持続可能な生き方、暮らし方を考える時なのかもしれないと感じています。
便利な暮らしが当然のようになってしまった今、変えていくことは凄く難しいことかもしれませんし、覚悟のいることだと思います。
機械化が進み、たくさんの燃料を使う自身の農業のやり方もしかりです。
自然の恵みを享受する農業を生業とする者として、
少しづつの歩みかもしれないですが、確実に着実にそのスタートを切らなければと感じています。

               お米の家倉 五代目 家倉敬和

by okomenoyagura | 2011-03-22 18:52
大河ドラマ 江
みなさん見られました?

第一回の放送日が友人の結婚式だったので、
今日13時からの再放送を見ました。

地元が舞台だけに、いつも以上に楽しみ、わくわくしながら見ました。
感想は、
涙、涙、そして涙。
戦乱の時代に生きるということのその悲しみ、苦しみ、それ故感じられる喜び、
覚悟を持って生きるということを感じた第一話でした。

兄信長の使命を受け政略結婚するも、
長政の、その一途で民・郷土を愛し、義を重んじる男気に次第に惹かれていく市。
その市を迫真の演技で演じた鈴木保奈美さん、美しかった。

昨秋、ふと登りたくなって訪れた、ドラマの中にも出て来た琵琶湖を臨む小谷山の頂きにて、
同じ29歳で生涯を閉じた長政のことをふと考えたのが懐かしいです。
29歳で、郷土の長として、郷土・民のため、また義を重んじた長政。
浅井家初代亮政はわたしの住む丁野出身なので、
尚更、感慨一入で自分と重ねずにはいられません。

家族を、そして郷土を愛する心。
集合体の最小単位である家族を大切にすることが、
郷土、地域、日本、地球を愛する第一歩なんだと改めて感じた時間でした。

第二話からも、目が離せません。
また、小谷山に登りたくなりました。

by okomenoyagura | 2011-01-15 15:58
謹賀新年
b0127739_17105088.jpg


みなさま

あけましておめでとうございます。

振り返ると、
昨年は人生で一番突っ走った一年だったと思います。
本当にがむしゃらでした。
石橋を叩いても叩いても渡らないと昔先輩に酷評されたわたしが、
悩みながらも迷いながらも泣きそうになりながらも
突っ走ることができました。

突っ走るだけの舞台や機会を下さったみなさま、
突っ走る私を応援してくれた周りのみなさま、
いつも側にいて支え応援してくれた仲間、家族、彼女、
本当にありがとうございました。

恩返しをというにはまだまだ30歳の若造ですので、
一歩一歩着実に成長することで、志に誠実に歩むことで、
恩を返していきたいと思っております。


昨年のブログでは自分の想いを素直に表現することがあまりできなかったように思うので、
今年は心の中を素直に正直にさらけ出し、五代目を発信していければと思っております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

by okomenoyagura | 2011-01-12 17:12
E~vegiproject 2010
b0127739_23132610.jpg

わたしも所属する、農家チームkonefaが参加させて頂くイベントのご案内です。

大阪・梅田にあります、「イーマ」というファッション複合ビルの1Fで、ファンタスティックマーケットという名の市が開催されます!

ファッションビルで農産物の販売、新たな試みにわくわくします!
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

ぼくたちkonefaの出展は11月7日(日)となっております。

konefaブログhttp://konefa.exblog.jp/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

E~vegiproject 2010
ファンタスティックマーケット


秋の味覚がおいしい季節になりました。

雑誌Meets Reginal × graf の畑プロジェクトの企画展として秋の収穫を祝ってマーケットを開催します。
新鮮な野菜や果物をはじめ、新米やパン、ジャムなどの加工品、調味料など、おいしい食材がそろいます。
ミーツファームを通じて知り合った信頼のおける農家さんや八百屋さん、お薦めの専門店によるマーケット。
おいしい食べ方や保存法など、ゆっくりとお店の方とお話をして、お気に入りを見つけて下さい。
会場構成、製作をgrafが担当しております。
会場は梅田イーマ1F ディーバにて、皆様のお越しをお待ち申し上げます。

[マーケット開催日時]  open 12:00~ close 18:00

10/13(水) 10/17(日) 10/24(日) 10/27(日) 10/31(日) 11/3(祝) 11/7(日)

[会場] 梅田 E~ma 1F 多目的スペース ディーバ 大阪市北区梅田1-12-6

[内容や出店に関するお問い合わせ] graf salon( 担当川西)
06-6459-2121 salon@graf-d3.com



また、当日はスライドショー&トークもあります!
ぼくたちkonefaも登場するかも!?

お楽しみに!
..............................................................................................................................

[FANTASTIC TALK!! ] 2010年11月7日(日)17:00~ 入場無料 
graf 服部滋樹 (デザイナー・クリエイティブディレクター )/meets regional 市吉秀一(企画営業)
今回の出店者を交えてのフリートーク。新たな農業のカタチが見えるかも!?

..............................................................................................................................

by okomenoyagura | 2010-10-13 23:16
Hanako FOR MEN 掲載!
マガジンハウスから発売されました「ハナコ フォー・メン Vol.3」に、
わたしも所属する“konefa”と“お米の家倉・家倉敬和”が掲載されました。
b0127739_0125346.jpg


特集は「自分をつくる」という内容で、
その中の「農業をつくる」というカテゴリーで登場させて頂いてます。

世の中にある、ありとあらゆる“つくる”という仕事の中でも、人が生きるためになくてはならないもの(食べ物)を“つくる”仕事、「農業」。
誌面を通じて、農業を知る機会を創っていただけたことに、本当に感謝しております。

“笑顔をつなぐ米作り” by お米の家倉
“農と人をつなぐ” by konefa
どちらも、知ってもらえるように発信することが大切です。
今回、ハナコ・フォーメンを通じて、多くの方々に農業をもっと身近に感じていただくきっかけになれば本当にうれしいです。

株式会社マガジンハウス 吉田さま
この度は本当にありがとうございました。

by okomenoyagura | 2010-09-30 00:38
笑顔をつなぐ稲刈りイベント2010
稲刈りイベントのご案内をさせて下さい。

b0127739_23533775.jpg

b0127739_23541647.jpg


6月に田植えイベントを開催した田んぼ、黄金の実りを迎え、
稲穂が心地良さそうに風になびいております。
26日には、収穫適期を迎えそうです。
みんなで、稲刈りをしながら収穫の喜びを分かち合いましょう!
お昼ご飯では新米と郷土料理をご用意しております。
素敵な音楽ライブとともに、滋賀湖北での稲刈りイベントの1日をお楽しみ下さい。
ご参加お待ちしております。

日時/2010年9月26日(日)9:00~16:00 (雨天中止)
集合場所/JR河毛駅 西口駐車場
集合時間/9時
持ち物/長袖長ズボン、帽子、長靴、タオル
参加費/大人2000円 小学生以下1000円 
   (お昼ごはん付き。釜炊きの新米と、滋賀のおいしい郷土食)
定員/25名 *要予約
  (9月19日〆切。尚、定員に達し次第〆切とさせていただきます)
予約・問合せ/mail@yagu.jp(家倉)

~出演アーティスト~
・住野一貴(octavio)
http://www.myspace.com/octavioweb
・はしもとかよ
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Live/2185/

by okomenoyagura | 2010-09-07 23:55